オナニー遍歴 小学生編

 

まずはオナニー遍歴から説明します。

 

自分が記憶している初めてのオナニーは小学5,6年生の時に

学校にあった登り棒でチンチンが擦れるとなんか変な気持ちになって

登り棒を登りきるくらいでチンチンがとても気持ち良くなってトローンと

なってしまったのを記憶しています。

 

もちろん、小学生なのでそれが射精などとは知るよしも無かったのですが、

今にして思えばこれが初めてのオナニーだったのだと思います。

昼休みが終わってトイレでオシッコをする時に

パンツが濡れていたのを覚えています。

 

回数としては確か2,3回同じような事があったと記憶してます。

 

また、同時期に他のクラスメイトの男の子が良く登り棒をしていたり

女の子が鉄棒でくるくる回っていたのですが、その子達も今考えれば

同じように気持ち良くなっていたのかも知れません。

 

この頃に性の知識が全く無かったのがとても残念です。

 

ちなみに小学6年の時に初めてクラスメイトの女の子の裸を見ました。

 

その日は体育で水泳の授業だったのですが、教室に忘れ物をしたので

クラスメイト2,3人と取りに戻りました。

教室のドアを開けるとクラスメイトの女の子が一人、着替えに時間が掛かって

しまっていたのかスクール水着に着替えている真っ最中でした。

 

※画像はイメージです。

 

その女の子は全裸になりスクール水着に足を入れた状態で僕らを見つけた

のですが、まだその女の子も性に目覚めていないのか特に恥ずかしがることもなく

そのまま着替えをしていました。

 

その時、初めてオマンコをじっくり見ました。まだ毛も生えておらず

パイパンでワレメがくっきりでした。

 

その女の子は慌てることもなくのんびり着替えをしていましたので僕らは

裸を堪能してしまいました。たまに着替え中なぜかオマンコを見たりして

その姿を見て変な気持ちになったのを覚えています。

 

今思えばスーパーラッキーでしたね。クラスメイトの女の子の着替え&パイパンを

見れたのですから。ここで人生の運の半分を使った様な気がします(笑)。

 

この時、初めて女の子のあそこがどうなっているのかを知りました。

 

 

アクセスランキング


トップページ オススメ厳選無修正動画レビュー Hey動画月額見放題プラン入会方法 自己紹介 お問い合わせ